北見市 自民党公認 北海道議会議員 塚本としかず

ごあいさつ

昨年は皆さまからの温かいお力添えをいただき、道議会議員としての活動をスタートすることができました。心より感謝を申し上げます。
安部総理はアベノミクス第2章として、「地方創生」の推進に全力を挙げています。北海道では全国を上回るペースで人口減少が進んでおり、対策を急がねばなりません。また、政府はTPP対策として補正予算に農業農村整備費990億円を計上し、半分以上が道内に配分されることが決まりました。これは現場の声を政策大綱に反映させようと、必死の思いで聞き取りに当たった自民党議員の努力の結晶ともいうべき結果です。これまで培ってきた生産者との信頼関係を損なわないよう、これからも安心できる国内対策を道議会でもしっかり検討していきます。
北見市はオホーツクにおける産業・経済の中心地であり、その重要度は今後ますます大きくなります。「明日に希望が見える道政」をめざし、武部新代議士、辻直孝市長と力を合わせて、これからも元気いっぱい頑張っていきます。変わらぬご協力をお願いするとともに、今年一年の皆さまのご多幸とご健勝をお祈りいたします。

北海道議会議員 塚本 敏一

和田よしあき